新米機械学習エンジニアのブログ

AI系ベンチャー企業で機械学習・ディープラーニングを使った仕事をしているリサーチエンジニアのブログです。これからデータサイエンティストやAIエンジニアになりたい人向けに情報を書いていきます。

東京大学大学院天文学専攻に合格するために考えた傾向と対策

SPONSORED LINK

 

当時外部から受ける私は内部の人より情報面で大きな不利があったため、友人とともに分析をすることにしました。

出題傾向

まず私は下の表のような感じで出題と傾向について分析しました。頻出分野を探すのは受験の王道ですね。全体を均等にやるのではなく、山を作って効率よくこなすのは今考えると80対20の法則と似てるなと思います。

f:id:nariagarix:20191222134609j:plain

傾向と対策を作った

下の表は出題内容について少し詳細に書いた表です。表の下には、よく出ている出題分野を書いています。ここでは微分方程式、速度ベクトル、曲率、軌跡、回転行列とベクトルによる回転操作(?)がよく出ていると結論づけました。

f:id:nariagarix:20191222134839j:plain

過去問の各年度の出題内容をまとめた表

 

この記事も含めた過去問分析と解答のまとめ記事を以下の記事として書きましたので、よければ飛んでみてください。

www.astroblog.tokyo